FC2ブログ

音楽療法の現場は変わっていく

ハンブルグで一つ大きな仕事を終えましたのでホッとしました。

あとはみなさんの到着を待つばかりです。

ハンブルグはそれほど寒くないと思いましたが、今日から2日間ほど風が強くて雨も降ったりで、だいぶ寒くなっています。

外は寒いですが、久しぶりにドイツに来て私はやっぱり少し熱くなっています。

現地でドイツの音楽療法のいろいろなお話しを伺っていますが、私がいた頃よりも情勢は変わりつつあるようです。どの世界でもそうなのかもしれませんが、現場では常に変革というものは起きていて、新しい試みをしながら向上していこうとしているのを感じます。

ドイツの現場を自分の目で確かめられるというのは、本当に恵まれた貴重な体験です。私を含めて今回視察に参加する人たちにとっても、とても有意義な機会になると確信しています。

こういう機会は世界のいろいろな音楽療法をもっと知りたいと思っている日本人にとって、もっともっと多くあるべきなのかもしれません。