FC2ブログ

追悼

ドイツで大変お世話になっていた方がお亡くなりになりました。

日本にゆかりのある方で、私のドイツ滞在は彼のお陰で本当に安心して暮らせることができたのです。突然の訃報にとても驚きました。11月に会えると思っていたのに・・。

Wer im Gedächtnis seiner Lieben lebt,
ist ja nicht tot, er ist nur fern.
Tot ist nur, wer vergessen wird.

彼の死を知らせる手紙の文面には、そう書かれていました。

彼はほんの少し遠くへ行っただけ。
いつかまた会えるときが来る・・・


本当に・・確信にも近いような、そんな想いを馳せる週末でした。


テーマ: 日記 | ジャンル: 日記