FC2ブログ

ベルリンで緩和ケアのための音楽療法クラス

ベルリン芸術大学で、来年1年間”緩和ケアにおける音楽療法”というクラスがあります。

週末の集中授業が年5回ほど開催されて受講証明書が発行されます。

参加者はどの分野でもいいのですが、音楽療法関係の仕事をしている人を対象とし、さらに個人およびグループ音楽療法を受けた人であることが参加条件になっています。(参加証明書の提出義務あり)

ちなみに、ここのクラスで要求されている音楽療法の自己体験の時間数は、個人療法最低30時間、グループ音楽療法120時間です。

ドイツではこのように、音楽療法を学ぶ人には必ず教育分析を受けた時間数が問われます。これなしには、深層心理を扱うセラピストとしての技術が習得できないからです。


このクラスについて、詳しく知りたい方は、ドイツ音楽療法センター事務局までお問い合わせ下さい。(info@gmtc-jp.com)

パンフレットを配布します。