FC2ブログ

映画”マリーとマルグリット”を観ました

先日、”マリーとマルグリット”という映画を観ました。

試写会が始まる前に、主催者はティッシュの箱を配っていました。「観ていればこれが必要になるから」と言うのです。

実際はどうであったかというと・・・まあ、本当に涙モノの内容でありました。

これは実話で、ヘレンケラー物語に共通した部分があるようですが、
私にとって今回の映画は、言葉の力というものをより強く感じました。

言葉とは、単なるモノの名前を指しているのではないですね。

マリーが教えた言葉は、生きる力そのものになっています。

私は同じような状況を、心理セラピーの中でも経験することがあります。

映画の冒頭部分は音が少ないのですが、だんだんと増えて、そしてマリーが音楽を感じるようなシーンもありました。


映画公開は6月6日だそうです。→映画のHPはこちらです。