FC2ブログ

自己発見:5日間(日曜日)グループ音楽療法の新規参加者 受付中

心理療法的音楽療法には、個人で受ける”個人セッション”と小グループで分かち合う”グループセッション”の2タイプがあります。

今月から、このグループセッションを受けることのできる新しい参加者の申し込みを受け付けています。

今回は全5回のセッションで日程は下記の通り。

①9月27日(日) 17:30-19:30
② 10月11日(日)    〃
③ 10月25日(日)    〃
④ 11月8日(日)    〃
⑤ 11月29日(日)   〃

詳細はこちらのホームページでご参照ください。⇒ドイツ音楽療法センターのサイト 

セラピスト養成講座の基礎コース受講の方にはぜひ参加をおススメします。

ドイツで音楽療法を勉強する人は、必ず参加しなければならない必須のグループセッションです。

また、一般の方でも、初心者の方でも、楽器が苦手な人でも大丈夫です。

ご質問などにもお答えいたしますよ。info@gmtc-jp.com までお問い合わせください。

.......................................

ところで・・・大変な大雨でした・・・

あのテレビ映像はショックでした。私の住居の目の前にも、小さいのですが川が流れているので、今回の被害は他人事ではありません。

豪雨災害で避難所生活を余儀なくされている方々の生活が一刻も早く元に戻れるようお祈りしています。


くつろぎと刺激が交差する空間、スヌーズレン

豪雨の中を遠方から来られた方、無事に帰宅できましたでしょうか・・

最近は不安定な天候が続いていて、なんだか日本の四季を愉しむという感じでもないですねえ。

ところで、
先日は都内の障害者施設を訪問いたしまして、そこで”スヌーズレン”という言葉を見つけました。

懐かしい〜と思いました。

というのも、私が初めてスヌーズレンを体験したのは15年以上も前、ドイツの不登校児のための施設。ドイツ人学生たちと癒しの空間を楽しく過ごした思い出があって、その言葉自体も忘れていましたが、日本でも取り入れる施設が増えてきているというお話しでした。

スヌーズレンの空間ではいろいろな感覚がやさしく刺激されるような仕掛けがあったように記憶しています。
さらに滞在していると閉じられた心も自然と開いていくような・・・そんな空間。

質の良い取り組みはやはりゆっくりでも世界に広がっていくのだなあと思いました。