FC2ブログ

音楽療法の特別ワークショップを開催

ドイツで活動している日本人の音楽療法士(白石結佳さん)による”ワークショップ”を開催します。

テーマは「"自分を知るために ーシステミック・コンステレーションを応用した音楽療法的自己分析ー"」

白石さんにはドイツ研修のときに大変お世話になりました。
今回一時帰国されるので、特別に1日ワークショップをしてくれることになりました。

今回もワークショップ形式になりますので、参加者同士でグループセッションをしていきます。内容的には楽器をシンボル化させて捉えるメソッドで、体系的家族心理療法を応用した音楽療法。
自分の心の中を整理して新たな見解を得る事もできます。
音楽療法士になりたい方、自分をもっと知りたい方、自分の内面と向き合ってみたい方、是非どうぞ。(※参加を希望する場合には条件がありますのでご留意ください)

ワークショップでの気づきについてのアドバイスや個人分析を希望する方は、ワークショップ終了後に個別で対応します。


【特別ワークショップ】
日時:2014年10月12日(日)午前10時半〜14時です。(お昼休憩あり)
 
会場:吉祥寺”そ〜らの家”

参加人数:最大10名まで

参加費:お一人9,000円(税込み)  ※終了後の”個人分析”にはプラス1,500円

申込方法:メール(info@gmtc-jp.com)又はドイツ音楽療法センターのホームページにある”申込みフォーム”からお申込み下さい

参加条件:当センターの養成講座受講経験者、または少なくとも一度は音楽療法のワークショップなど、セッションを経験している方を対象とします。

音楽療法のためのドイツ語カフェがオープン!

9月はドイツ音楽療法センターの新学期になります

今年度から新しく”音楽療法のためのドイツ語カフェ”が開催されます。

日時は2014年10月26日(日)午前10時30分~12時15分。
参加費は3,500円(菓子付き)。

学習内容としては一般的な会話の練習、文法復習、読解、現地情報の話題などなど、音楽療法に関連したテキストを使用。難しいドイツ語を楽しく学ぶための時間です。

参加人数は8名までです。

受講生はドイツ音楽療法に興味があることと、ドイツ語基礎文法を知っていることが参加条件です。
ちなみに「文法はいちおうやったけど、まだよくわかんないんだよな・・」と思っているあなた!!大丈夫です。ぜひ参加してみて下さい。文法が完璧です!なんて宣言できる人に私はまだ一度も会ったことがありません。

ドイツ語って本当に難しいですよねえ

ドイツに何十年と滞在してペラペラとドイツ語しゃべっている日本人だってホントは文法等々に自信があるわけではありません。

なので、ドイツ語がまったく初心者の人には少し難易度が高くなってしまいますので、いちおう基礎文法事項に触れた方たちを対象としたクラスです。

申込み方法:info@gmtc-jp.comまたは申込みフォームでお申込み下さい。 

詳細は⇒こちらです。


Musik hilft ! ー音楽療法とトラウマに関する研究会

2014年10月18日にドイツブレーメンで”トラウマと音楽療法”に関する研究会が行われます。

オリジナルの案内文はこちら⬇になります。原文のまま掲載します。

"MUSIK HILFT - MUSIKTHERAPIE IM KONTEXT VON TRAUMATHERAPIE UND TRAUMAPÄDAGOGIK"

BIM möchte Sie auf den 8. Fachtag aufmerksam machen, den wir unter dem Motto "Musik hilft - Musiktherapie im Kontext von Traumatherapie und Traumapädagogik" am 18. Oktober 2014 von 9.00 - 17.00 in Bremen veranstalten. Namhafte Referenten, u.a. Dr. Andreas Krüger, Hamburg, Ankerland, sowie Martin Kühn vom Traumapädagogischen Institut Norddeutschland und Dr. Gitta Strehlow, Dunkelziffer Hamburg, werden der Frage nachgehen, was ein Trauma ist, wie eine psychische Erkrankung im Kindes- und Jugendalter entsteht und welche bedeutende Rolle die Musik bei der Behandlung und Verarbeitung der Traumafolgestörung spielen kann.

Wir konnten darüber hinaus praxiserfahrene Leiter aus Pädagogik und Musiktherapie für acht verschiedene Workshops und Gesprächsrunden gewinnen, die einen methodischen Austausch über erfolgreiche Behandlungsaspekte anbieten: z.B. der Sichere Ort in der Schule, ressourcenorientiertes Arbeiten bei sexuellem Missbrauch, Träume nach Flucht und dem erlittenen Trauma, Intergenerationen-Traumata, oder Musiktherapie für pflegende Kinder krebskranker Angehöriger.

Spannende, informative und aktuelle Vorträge und Diskussionen - das haben wir auch für diesen Fachtag geplant. Bitte merken Sie den Termin vor und machen Sie auch Ihre Studierenden und KollegInnen darauf aufmerksam. Den digitalen und den gedruckten Flyer senden wir Ihnen ab Juli gerne zu. Sie finden ihn dann auch auf unserer Homepage www.musik-bim.de.

※このドイツ語に関して疑問質問のある方、10月26日に予定されている”ドイツ語カフェ”にぜひご参加下さい


音楽療法入門セミナーの日程が決まりました。

音楽療法カフェの日程が決まりました。

秋になってしまいますが 11月9日(日)14:00~16:00に開催します。

お申込みはメール(info@gmtc-jp.com)、またはホームページの申込みフォームからご連絡下さい。