FC2ブログ

一人で悩まないで!音楽療法の個人&グループセッション

ドイツ音楽療法センターでは3つのセラピーを提供しています。

 1. 個人音楽療法  (あなたとセラピストのみ)
 2. オープン・グループ音楽療法 (不特定の人が1回参加します)
 3. クローズド・グループ音楽療法 (同じメンバーと共に5回続けます)

音楽療法に参加する理由は人それぞれです。

「症状が改善しない」
「悩みを誰かに話したい」
「音楽心理療法を受けてみたい」
「セラピストになりたいけれども自信がない」

現在、音楽療法の個人セラピーが受けられる地域は以下の通りです。
  日本 :東京、横浜、名古屋、大阪、高知
  ドイツ :ハンブルグ、ミュンヘン

料金、条件、日時などは音楽療法士により異なります。
info@gmtc-jp.comまでお問い合わせください。

さらに、2019年1月からのグループ療法の参加者を新規募集します。(東京と横浜で開催)
詳細はこちらのページでご確認下さい。

<2019年 横浜グループ 日程表>
① 1月 20日(日) 13:00-14:30
② 2月 03日(日)   〃
③ 2月 17日(日)   〃
④ 3月 10日(日)   〃
⑤ 3月 17日(日)


フランクフルトの街並み
IMG_20170809_221740_048.jpg
テーマ: セラピー&ヒーリング | ジャンル: 心と身体

ハンブルグ音楽療法のための合宿研修

少し先ですが、2020年にハンブルグで音楽療法合宿研修を行います。

ハンブルグ音楽大学音楽療法科の教授陣による授業のほかに、各分野の専門音楽療法士による講義とワークショップが予定されています。

ドイツ人講師の授業はやはりドイツ語になりますが、すべての時間に日本人通訳者が付き添います。

また、参加者の中で希望する人には、日本人音楽療法士による個人セラピーの参加が可能です。

貸切バスでドイツの病院や施設に施設見学も行われます。

まだ詳細は明らかにできませんが、関係者には先行予約を受け付けています。
ご希望の方は info@gmtc-jp.com までお申し出下さい。

HPのこちらのページでは、少しだけ内容のご案内が掲載されています。⇒こちらです。

csm_event_image_84e40c5ad4c437257a98a61ab1bfdf4c_0159f55c33.jpg 
セミナーハウスの内部(hpより)

「音楽心理療法セラピストを目指す専門コース」の生徒募集が始まりました

「臨床音楽セラピスト養成科」の入学願書受付が始まりました。

心理療法的なアプローチを行う音楽療法士を育成する専門コースです。

募集要項は配布中( 請求先:℡ 042-474-8915 )

このコースでは、ドイツ音楽療法協会の規定に従い、個人セラピー(50時間)、グループセラピー(50時間)、スーパービジョン(50時間)の参加が、必要最小限の自己分析的トレーニングとして義務付けられています。

教室は、この写真のように、ドイツにいるような気分になる施設(東久留米)の中にあり、実際にドイツからの来客も多く、ここまで運転するタクシードライバーさんはドイツ語で「Auf Wiedersehen !」を言えるほどです。

コース内容に関するお問い合わせは、メールでも受けつけています。問い合わせ先:info@st-gregorio.or.jp

1489587704.jpeg

「音楽心理療法」についてのシンポジウムが開催です

自主シンポジウム「日本における音楽心理療法の発展と可能性」が開催されます。

9/16(日)14:10-15:40
サンポートホール高松54B会議室にて

司会立案者:名古屋音楽大学音楽療法コースの猪狩裕史先生

話題提供者:
ノードフロビンズ音楽療法士の長江朱夏先生
分析的音楽療法士の小宮暖先生
武庫川女子大学の松本佳久子先生
GIM実践家の小竹敦子先生

指定討論者:
横浜カメリアホスピタルの山之井千尋先生
ドイツ音楽療法センターの内田博美先生

各シンポジストがそれぞれのメソッド・実践・事例について語ります。
ご参加お待ちしています。

参加申し込みの詳細はこちらから。

”臨床即興音楽”を聴いてみたいですか?

「即興」という言葉を聞くと、尻込みする人がいるかもしれませんね。

それは、一般的な音楽世界の即興を思い浮かべるからでしょう。
たとえばジャズの即興とか、教会オルガニストの即興演奏とか。

音楽心理療法で弾かれる即興はそのようなものではありません。
奏者の技を披露する演奏や技法的な演奏とは違うものです。

ぜひ自分で体験してみて下さい。
ドイツ音楽療法センターに新しい「臨床即興クラス」が誕生します。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

上記のページから即興音楽のサンプル曲を聞くことができます。

サンプルといっても、「正しい演奏」という意味ではありません。
この音楽では”正しい”とか”間違った”という言葉はないのです。

臨床即興は一回限りの演奏。思いつきで弾いていますが、前もってテーマを決めることもあります。

楽譜はありません。いつ弾くか、いつ音楽が終わるか、決まりはありません。弾きたくなかったら止めても構いません。

ここにある音楽サンプルはそうして弾かれたものです。
意図のない偶然の重なった音楽でありながら、”現実”を率直に映す鏡です。