FC2ブログ

音楽療法のオンライン講座

ドイツ音楽療法センターでは、8月からZoomでオンライン授業が始まりました。

音楽療法の授業がオンラインで出来るのか、難しいところですが、理論編の講座に関しては問題なさそうです。

「臨床即興音楽のための聴取トレーニング」も、初級コースのオンライン授業で導入の予定です。

KIMG0474.jpg

ドイツ音楽療法センターのHPはこちら

ホームページとメールアドレスの不具合について

ドイツ音楽療法センターのホームページは、ドメイン関連の変更に伴い、表示できない状態になっています。

また、メールアドレスの送受信も、本日お昼過ぎより難しくなっています。

復旧までいましばらくお待ちください。

大至急連絡が必要な方は、mail.gmtc@gmail.com までご連絡下さい。

音楽セラピスト 新メンバーによる個人セラピー

ドイツ認定音楽療法士の紀野温子さんが今年ドイツから帰国して、即興音楽講座などの講師とセラピストをしています。

ドイツで資格取得後にハイデルベルグ郊外で、精神科病院の音楽療法(主にグループセッション)を担当していました。

こちらでも、個人セッションとグループセッションを行っています。

ご希望の方はドイツ音楽療法センター事務局まで。info@gmtc-jp.com

心理療法的音楽療法に関する書籍リスト

心理療法的音楽療法のおススメ文献リストを更新しました。

こちらです。⇒ドイツ音楽療法センターHP

音楽療法のドイツ留学を応援します

ドイツにはいま、何人の日本人音楽療法士が働いているのか?

数えてみると、10名以上の日本人(みなさん女性)がいらっしゃいました。ほとんどが病院の専門スタッフとして活動しています。

ドイツの資格を取得すると、日本国籍の人でも、約9割が現地就職しているのが現状です。
思えばドイツの医療現場には、いろいろな国籍の人がいました。

いまこの日本では、人生や仕事に迷う女性の方々が多数、相談に来られます。
ご自分の年齢を気にする人が多いようですが、まだ20代の女性が「私にはもう時間がない」と仰います。

人生にタイムリミットを設けているのは、なんともったいないことでしょうか。

セラピストという仕事は、相手の人生を丸ごと聴く仕事。
年を重ね人生経験を積んだ人こそ、本領を発揮できる仕事であるということができます。

ドイツへの留学も人生の選択肢の1つでしょう。

ドイツ音楽療法センターは、あなたのドイツ留学を応援しています。