「精神分析的音楽療法」セラピスト養成 初級6か月コースが始まります

4月からスタートしたい方、平日に学びたい方、お待たせしました!
新しいクラスが開設されました。

昨日から募集が始まった通常クラス(日曜)とあわせてご案内です。
............................................................................
【初級 月曜コース】

2018年4月から始まる新しいクラスです。

「精神分析的音楽療法」の初級(全10回コース)を6か月で修了する平日インテンシブ・クラスです。

月2回月曜に開催。

{精神分析」と「自由即興」の基礎を集中的に学びます。

このクラスの修了生は、2018年秋からの「中級コース」に進むことができます。

詳しくはこちらのページです。

...........................................................................
【初級 日曜コース】

さらに、2018年秋からの初級コースも募集を開始しました。

こちらは通常のコースで、月1回日曜日に開催。遠くから通ってくる人や平日仕事で忙しい人に適したクラスです。

このクラスの詳しい日程や内容はこちらのページをご参照下さい。

KIMG0217_convert_20180201212538.jpg

「声のセラピー」を4月に開催します

ドイツ音楽療法センターでは4月に海外講師による特別ワークショップを開催します。

今回の講師はミュンヘン在住の日本人音楽療法士で
ドイツで歌手としても活躍する「鎌田菜美さん」です。

.........................内容...............................
私たちが普段なにげなく使っている声。 無意識に使うなんて実はとてももったいないことなのです。

「自分の声ってどんな声?」
「自分の声は聞き手にどんなふうに伝わっているのかな」
「大きな声で話せば何でも伝わる?」
「人を惹きつける声って?」

そんな疑問を持ったことはありませんか。

声は、単なるコミュニケーションツールではありません。
自分の声に意識して耳を傾ければ、自分自身をより深く知ることができるはずです。

..............................................................................

声に焦点を当てた珍しいワークショップです。
募集人数が少ないため、興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

<日時 >
4月21日(土)17:00-19:00
4月22日(日)15:30-17:30 
    *両日とも内容は同じ

<人数 >
各回10名まで(予約制)

<講師>
鎌田菜美(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

<場所>
ドイツ音楽療法センター(吉祥寺)  地図はこちら

<参加料 >
受講生   10,000円 (税込)
受講生以外 12,000円(税込)

<申込方法>
ホームページまたはinfo@gmtc-jp.comまで
詳細のホームページはこちらです。

クローズド・グループ音楽療法 横浜グループ3月スタート

クローズド・グループとは、グループのメンバーが固定されているという意味です。
このグループは5回同じメンバーでセラピーを行うため、1つの問題や課題にじっくりと取り組むことが可能です。

自己体験トレーニング(Self-Assessment)の理念に基づたプログラムでもあり、臨床即興音楽を通して自分の中の変化を感じてみることができます。

セラピストを目指す人はもちろん、そうではない人でも参加できます。

今回は横浜でのグループを3月から開催するため、数人の募集を行います。

詳しくはホームページをご覧下さい。


<2018年 横浜グループの日程>(受付中)
① 3月 31日(土) 13:00-14:30
② 4月 7日(土)   〃
③ 4月 21日(土)   〃
④ 5月 12日(土)   〃
⑤ 5月 26日(土)   〃
※日程は変更になる場合があります。

お申込みはホームページから、もしくはinfo@gmtc-jp.com までどうぞ。

KIMG0225.jpg

明日のセラピスト養成講座上級クラス

東京は連日雨ですね。しかも、台風が接近しています。

明日の2017年10月22日は上級クラスの授業開催日です。

授業は今のところ予定通り行われる予定です。

無理のないよう気をつけていらして下さい。

訃報:Mary Priestley

精神分析的音楽療法の生みの親であるメアリープリストりーが、亡くなったそうです。

2017年6月11日にロンドンにて、92歳でした・・・・

ドイツ・ミュンスター大学音楽療法教授のテュプカ先生は、プリストリーの授業を受けていたために、ときどきプリストリー先生の日頃の様子について語ってくれたのを思い出します。

ドイツの今ある音楽療法を発展させたいわゆる第一世代の音楽療法士たちの多くは、プリストリーから直接学んでいます。つまり、ドイツの心理療法的音楽療法はプリストリーの理論と実践に強い影響を受けているということです。

ご自分の経験から普遍的な理論を生み出す。偉大な方だということは、彼女の本からも伝わります。彼女の文章からはいつも刺激的な気づきが与えられ、今でも読み返すたびに新しい発見をさせてくれるのです。

ドイツ音楽療法センターで行う「相互セラピー」はまさに、プリストりーのアイデアを継承しているものです。

プリストリーの生い立ちについてや長年苦しんだ病いのことについては、テュプカ先生が大学のHPに書いています。⇒こちらです

心からご冥福をお祈りしたいと思います。

音楽心理療法 新刊のご案内

ドイツ音楽療法センターで、おもに分析的セラピストとして活躍している小宮暖さんが長く取り組んでいた翻訳本、ようやく販売が開始されました。

売れ行きが良くて、ランキングされたようです!!

以下は小宮さんご本人からのご案内です。

......................................................................................................

ケネス・ブルシア【編著】小宮 暖【訳】『音楽心理療法の力動』日本語版(全667ページ)が、Amazon.jpで発売開始されました。
 
出版社からの音楽療法の専門書の出版が困難な時代になっていますが、今回はAmazon.jpのプリント・オン・デマンドのサービスを利用することによって、皆さまの注文に応じて印刷・製本・配送される形を取ることが可能になりました。ご自身の研究、教育活動、スーパーヴィジョンなどに活用して頂ければ幸いです。
 
精神力動的な音楽療法においては、転移−逆転移の関係が〈音楽上〉にどのように現れるかを把握していく能力が必要とされてきます。こうしたテーマについて日本語で読める情報は大変少ない中、本書は転移と逆転移、その他の精神力動の理論の概説に加え、13人の著名なセラピスト達がそれぞれのアプローチ(ノードフ・ロビンズ、分析的音楽療法、歌を用いたアプローチ、GIM)の視点から書いたより実践的な論文が続きます。原著は98年出版ですが、学ぶ価値のあるたくさんの情報が詰まっており、音楽療法士の方々のみならず、心理療法士やカウンセラーの方や、多職種の方、また人の心や人間関係について興味を持っている一般の方にとっても役立つ内容になっていると思います。ぜひお手に取っていただければ幸いです。
 
こちらのAmazonのリンクから書籍詳細ページをご覧になれます。
 
............................................................................................................

クライアントを前にして、深層心理的なアプローチで心の動きと向き合うためには、理論的バックグラウンドをきちんとセラピストが持ち、できることとできないことを把握していることが重要です。

この秋から小宮さんのグループ療法がまた始まります。
分析的音楽療法は体験してこそ、その”動き”が自分の中で見出せます。

興味のある方はぜひご参加ください。(詳細はHPへどうぞ、www.gmtc-jp.com)

ドイツの音楽療法学科の教授による授業を開催しました。

2017年7月15日と16日の2日間にかけて、特別なイベントを開催しました。

「楽しかった」という声が一番多く届きました。暑い日にハードなスケジュールでしたが、充実した2日間でした。

ご協力いただきました皆さまにも感謝いたします。

残念だったのが、多くの外部からの参加希望の方々に「参加不可のお知らせ」をしなければならないことでした。
受講者の人数を限定していたために、本当に多くの方が申し込みできませんでした。

精神療法的な音楽療法で使われる「臨床的な即興演奏」には、受講生がアクティブに参加し、その音楽を体感することがまず必要だからです。人数が多い分、体感が薄くなってしまうのです。

今回、参加できなかった方は、ドイツ音楽療法センターの中で「参加自由なグループ療法」や「教育分析的なグループ療法」を開催しているので、ぜひそちらをご参加下さい。


ドイツPJ

KIMG0092.jpg

7月9日(日) グループ音楽療法をします

誰でも参加できるグループ音楽療法を開催します。

7月9日(日)午後5時30分〜7時まで

参加費 お一人 5,000円 (予約制)

精神分析的なアプローチで、臨床即興音楽を使います。

受付先: info@gmtc-jp.com


精神医学の授業 時間変更のお知らせ

2017年7月8日(土)午後6時からの「精神医学」の授業は、午後5時30分からに変更になりました。

今年度最後の授業です。

グループ音楽療法を横浜で開催します

お待たせ致しました!
心理療法的なグループ音楽療法の開催日が決まりました。

恒例の5回シリーズです。

この音楽療法は、欧米で行われる自己体験トレーニング(Self-Assessment)の理念に基づたプログラムです。
セラピストを目指す人はもちろん、そうではない人も参加できます。

今回の会場は横浜になります。
京浜急行の上大岡駅から徒歩15分ほどです。

<2017年春グループの日程>
① 5月27日(土) 14:00-15:30
② 6月 3日(土)   〃
③ 6月10日(土)   〃
④ 6月 17日(土)   〃
⑤ 6月24日(土)   〃

人数:8名まで
参加条件: 18歳以上(演奏技術は問われません)
担当セラピスト: 小宮暖(分析的音楽療法士)

受講料:
一般  41,500円/全5回
受講生 36,500円/全5回

申込はinfo@gmtc-jp.com へメールでご連絡下さい。

第2回視察ツアーは2018年に!

第2回ドイツへの音楽療法視察ツアーは、来年2018年に延期となりました。

今年9月の実施を目指して進めていましたが、航空運賃が高く、またホテル予約が困難なこともあり、2018年に実施することになりました。

ドイツの大学などはわざわざ日程も調整してくれていましたが、ツアーの募集までには至りませんでした。

2018年の場合は、現地集合型ツアーとなる可能性が高いです。

いずれにしても、なるべく早い時期に募集を行うように進めていく予定です。

視察ツアーの募集要項はドイツ音楽療法センターのホームページに掲載されます。


ところで、
ドイツの音楽療法士や音楽療法の先生方をお迎えする7月のTagung2017は、宿泊の予約枠があと1名となりました。

宿泊を希望する方はお早めにお申し込み下さい。

音楽療法をもっと知る全5回シリーズ 「入門ゼミナール」      10月開講

音楽療法をもう少し詳しく知りたい。そんな方に向けた新しい入門ゼミナールが10月に始まります。
平日昼間の講座です。


~入門ゼミナール ご案内~
みなさんは「音楽療法」という言葉をきくと、楽しく歌うことや美しい音楽を聴くことを想像するかもしれません。しかし、そればかりではありません。ドイツでは「音楽療法=精神療法」と考えられているので、多くの病院や福祉施設で“医療的”に取り入れられて保険が適用されています。
音楽療法のいろいろについて学びながら、日本ではまだほとんど知られていないドイツの臨床的使い方を一緒に体験してみましょう。


講座内容(全5回):
① 音楽療法って何?
② ドイツの音楽療法について
③ 心の扉を開けるー無意識と音楽
④ 即興演奏の臨床的な使い方
⑤ 「ことばでは言えない? それなら音楽してみる?」

日時:2017年  毎回11:00 – 12:30
① 10/13 (金) 
② 10/27(金)
③ 11/10(金)
④ 11/24(金)
⑤ 12/8(金)

参加人数:12名まで(申し込み順)

講師: 内田博美(ドイツ認定Diplom音楽療法士)

参加費: 2万円(5回分)

会場:東久留米

申し込み先:info@gmtc-jp.com または電話042-474-8915


藤本さん主催「お昼寝コンサート」へのお誘い

ドイツ音楽療法センター「セラピスト養成講座、基礎コース」のかつての受講生だった藤本明子さんが、素敵な活動を始めました。

これから活動の幅がどんどんと広がっていきますように!
応援しています

ホームページのご案内=https://ohiruneconcert.themedia.jp


7e2a539f1b7fc8b3a662893d999daaf2_a457efeec3c65db4ac8c945f075ae102.jpg

音楽療法士 オスナブリュックで求人

ドイツ・オスナブリュック(Osnabrück)の福祉施設で音楽療法士を募集しています。

青少年対象で、音楽療法の就業時間は1週間約7時間。

個人セラピーと、2つのグループセラピーを担当してほしいようです。

多発性硬化症の方が多く、ほかの神経系疾患を持つ方たちも入居しています。

給与は施設規定あり。


関心のある方は、info@gmtc-jp.comまで。


IMG_2976.jpg



2017年ドイツ音楽療法視察ツアー 第二回

まだ決定ではありませんが・・・

2017年秋に向けて、ドイツで音楽療法を学ぶ「視察ツアー」の企画が動き出しています。

前回のツアーから数年が経過してしまいまして、ようやくいろいろな方々の協力を得て、第二回目のツアーに向けたプランが話し合われています。

決定次第、HPやブログなどで告知します。

参加人数は最大20名。(ドイツ音楽療法センターの受講生を優先する場合があります)

決まるといいですねえ。

第1回目の視察ツアーの様子は→こちら



IMG_2960.jpg
ミュンスター大学音楽療法科、講義が始まる前

心理療法的音楽療法士 養成講座の参加者の募集が始まります

ドイツで行われている心理療法的音楽療法を行う音楽セラピストの養成講座が始まります。

<2017年度 第6期生>  2/1より募集開始

日程 2017年10月から2018年3月(月1回日曜日午後開催)全6回
人数 15名 (※満席になり次第締め切り)
参加条件 18歳以上で心理療法と音楽に興味のある人(演奏技術は問われません)
受講料は振込早期割引63,000円〔全6回受講料、税込〕


日程
1 2017. 10/1 (日)13:00 - 17:00 オリエンテーション・即興演習①
2 2017. 11/5(日)13:00 - 17:00 精神分析と音楽療法・即興演習②
3 2017. 12/3(日)13:00 - 17:00 精神分析と音楽療法・即興演習③
4 2018. 1/17(日)13:00 - 17:00 精神分析と音楽療法・即興演習④
5 2018. 2/14(日)13:00 - 17:00 カウンセリングの基本・即興演習⑤
6 2018. 3/6(日)13:00 - 17:00 まとめ・即興演習⑥

※日程、時間、講座内容は変更する場合があります。

詳細はwww.gmtc-jp.com

ドイツで音楽療法の現場を知る

ドイツ音楽療法センターは、ドイツでの音楽療法実習をしたい人たちを支援しています。

実際にはどのように、音楽を使って心理療法にアプローチしているのでしょうか。

センターではこれを体験できる個人セラピーやグループ療法のプログラムを提供していますが、本場の精神病院や、精神科での実践はなかなか日本で体験することができません。

これは、ドイツで行われている音楽療法の現場を見れば、「こうなっているんだ!」と納得。音楽とセラピーがどのように連携して機能しているか、実感することができます。

とくに、ドイツ音楽療法センターのセラピスト養成講座受講生にはドイツへの研修を推奨しており、1〜2週間ほど各施設に派遣され研修費は無料です(渡航費別)。

また、研修を希望する人には、「音楽療法のための専門ドイツ語通信講座」を合わせて受講して下さい。
詳しくはwww.gmtc-jp.comまで。

※短期研修への一般からの参加には各種の条件があります。詳しくは事務局までお問い合わせ下さい。

DSC00640_convert_20170111205953.jpg ドイツの精神科専門病院


フランクフルトの音楽メッセで音楽療法の楽器をみてみよう!

フランクフルトのメッセといえば、ブックメッセが有名ですが、音楽メッセというのもあります。

今年、2017年4月5日から8日まで開催される音楽メッセ(音楽フェア)では、はじめて音楽療法のブースができるそうですよ!

音楽療法ではいろいろな楽器を使いますよね。

とくに世界の民族楽器がセラピールームにはたくさん並びます。

工場で作られたような端正な楽器よりも、手作り感覚の楽器は素朴な音がして、心理セラピーの中ではより”効果”があるように感じています。

ドイツの音楽療法協会によると、土曜日の午後2時から入場できる”Friday Afternoon Ticket“ が8ユーロと格安で、この日は音楽演奏も一緒に楽しめるお得な日となっているそうです。

テーマ: セラピー&ヒーリング | ジャンル: 心と身体

アウグスブルグ<音楽療法研究の集い>が開催

ドイツ、アウグスブルグ大学で第29回音楽療法研究の集いが開催されます。

日程は2017年2月10日〜11日

音楽とセラピーのプロセスを把握するための方法論を専門的に、また学術的に議論されるそうです。

<1日目の内容>
FREITAG 10.2.2017
9-12 Laboratorium: Projekte von NachwuchsforscherInnen mit aktiver und passiver Teilnahme-Möglichkeit

12-13 Anmeldung und Mittagsimbiss

13.00 Begrüßung durch Susanne Metzner und Hans Ulrich Schmidt

13.30 – 14.30 Musiktherapeutisches Assessment - Standardisierte Verfahren im Kontext klinischer Praxis (Thomas Wosch)

14.30 - 15.30 Rhythmisches Entrainment als grundlegendes Prinzip in der Wirkung von Musik auf Kognition und Affekt (Wiebke Trost)

15.15 - 16.00 Pause mit Imbiss

16.00 – 17.00 Erfassung rhythmischer Abstimmungsprozesse in der Einzelmusiktherapie mit psychotischen Patienten (Susanne Metzner)musical intermezzo (students)

17.15 – 18.15 Neues aus der Musiktherapie - Forschung(Moderierte Postersession, Beate Haugwitz)

日本音楽療法学会 関東支部地方大会のお知らせ

日本音楽療法学会 関東支部 地方大会のお知らせ

2017年2月26日(日)10:00−17:00
茨城県立県民文化センター

シンポジウムテーマ
「心の声に耳を傾けよう」

一般の方の参加できます(参加費4000円)

水戸観光協会のHPからも内容にアクセスできるようです。